メダカ飼育で初心者がやりがちな失敗10個と対策!水換えや餌やりも注意!

メダカは丈夫で初心者の方にもよくおすすめされる魚です。

とはいえ、魚の飼育が初めてという場合は勝手がわからず、失敗してしまうことも少なくありません。

初めての挑戦に失敗はつきものなので、恥ずかしいことではありませんがメダカが死んでしまったら申し訳ないし、悲しいですよね。

そこで、今回はメダカ飼育で初心者がやりがちな失敗10個と対策をご紹介します!

Kazuho
数々の失敗をしながらメダカの飼育や繁殖をしてきたノウハウをふまえて解説します。「知っていれば防げた」という失敗が大半なので、目を通すだけでも結果は大きく変わるはずです。

メダカ飼育で初心者がやりがちな失敗10個と対策!

シロメダカ

ここでご紹介する失敗例は、メダカの飼育を始める多くの方が通る道です。

ただ、どれも難しい技術が必要だから失敗してしまったわけではなく、「知らなかった」だけ。言い換えると、頭に入れておくだけで、メダカが体調をくずしたり、死んだりしてしまうリスクが大幅に下がります。

飼育で上手くいかない場合はもちろん、飼育を始めたい方はチェックリストとして眺めてみてください。

水道水のカルキを抜かずに水換えする

水道水に含まれるカルキ(塩素)は魚にとって有害です。

除去せず水換えに使うと、体調をくずすだけなく、最悪の場合、死んでしまうこともあります。

対策

水換えに水道水を使う場合は、必ず「カルキ抜き」を添加しましょう。

バケツに水道水を入れて、数滴添加して混ぜるだけで簡単にカルキを除去できます。水量あたりのカルキ抜きの添加量は容器に記載してあります。

固形と液体のタイプが主流ですが、水量に応じて添加量を調整できる液体タイプが使いやすくおすすめです。

created by Rinker
ジェックス
¥344 (2021/09/21 05:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

一度に多量の水換えをする

メダカの水換え

一度に多量の水換えをすると、水質が急変して「pHショック」を引き起こすことがあります。

水は値が上昇するにつれて、酸性・中性・アルカリ性と変わっていきます。水道水は中性の7.0。

この値が短時間で大きく変化することで起こるのがpHショックで、発症すると多くの場合は死んでしまいます。水換えで飼育容器の1/2、2/3といった多量の水を換えると水質が急変するので危険です。

pH ショックについては、こちらをご覧ください。

≫【【熱帯魚やメダカ】簡単で魚にやさしい水合わせ方法!pHショックの危険性も解説】

対策

pHショックの対策として、水換えは少量ずつ行いましょう。

目安は水槽や飼育容器の1/3程度です。

水がかなり汚れていたり、餌をやり過ぎて水質が悪化したりしてしまいそうな場合は、1/2程度変えることもありますが、基本的には少量の方が良いです。

また、ザバッと短時間で入れずにホースやプロホースなどを使うとより安全ですよ。

余談ですが、水換えの頻度が高すぎるとバクテリアが減少してしまいますし、少なければ水質が悪化してしまいます。水槽サイズとメダカの数にもよりますが、2~3週間に1度が水換えの目安です。

メダカ容器・水槽の水換えについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

≫メダカの水換えは1ヶ月に何回がベスト?理想の水換え方法と頻度・水量を解説!

created by Rinker
水作
¥1,430 (2021/09/20 08:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

小さな飼育容器で飼う

メダカを小さな飼育容器で飼うことは、実はハードルが高いです。

ボトルなどでも飼育できるイメージがあるだけに意外ですよね。飼育容器が小さいと水量が少なくなるので、水が汚れやすく、水質も急変しやすいです。

餌の量が多ければすぐ水質が悪化してしまいます。魚の数が多ければなおさらです。小さな飼育容器ほど、管理は簡単ではありません。

対策

余裕のある大きめの飼育容器で飼育しましょう。

目安は水1Lに対してメダカ1匹です。(例:水槽水量13Lの30cmなら13匹)

あくまで目安なので、これより少ないほど飼育しやすいです。慣れないうちは目安の半数にして、少しずつ数を増やすことをおすすめします。

水槽を立ち上げたその日にメダカを入れる

メダカ水槽

水槽を購入して、水を入れて、メダカを入れる。

実はこれ、NGです。

立ち上げたばかりの水槽は、有害なアンモニアや亜硝酸塩を分解してくれるバクテリアがいないので、水質が悪化しやすく不安定です。言ってしまうと、メダカを飼育する環境として適していません。

水があれば飼育できるイメージの魚ですから、失敗してしまうのも無理はありません。

対策

水槽を立ち上げてから1~2週間おいてメダカを入れるようにしましょう。

バクテリアは時間の経過とともに増えるので、基本的に待つだけでOKです。できれば、ろ過フィルターを設置したり、エアレーションしたりして水流を作り酸素を供給した方がバクテリアの活性が上がります。

ただ、メダカは強い水流が苦手なので、水量や吐出量を調節できる機種がおすすめです。

バクテリアについては、こちらで詳しく解説しています。

【熱帯魚・メダカ水槽に必要なバクテリアとは!硝化サイクルで水がろ過される仕組み】

メダカを水槽に入れるときに水合わせしない

みゆきメダカ

水槽を立ち上げて2週間待ってバクテリアを増やしました。

「やっとメダカを入れられる!」と、はやる気持ちもわかりますが、入れるときは必ず「水合わせ」をしなければいけません。

これをしないと、先ほどお話ししたphショックになることがあります。立ち上げた水槽とそれまでメダカがいた場所では水質が異なるので、短時間で移すと水質が急変することになります。

対策

メダカを入れる際は必ず水合わせしましょう。

購入してきた状態なら袋に入っているはずなので、まず水槽に袋ごと浮かべて「水温合わせ」をします。水温が急変しても「水温ショック」を起こしてダメージを受けてしまうことがあるため、大切な工程です。

30分程して水温が同じ程度になったら、袋から水ごとメダカをバケツに移します。そして、ソフトチューブを使って水槽の水を少しずつ入れていきます。

目安はチョロチョロ流れる程度。ポタポタでも良いですが、時間がかかります。ソフトチューブにコックを付けると水量を調節できるので、少量にして目を放すこともできます。

30分程経過して水合わせが終わったら、網でつくって水槽に移しましょう。

水合わせの詳しい方法は次の記事で解説しています。

created by Rinker
ジェックス
¥322 (2021/09/20 12:33:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ジェックス
¥314 (2021/09/20 07:15:16時点 Amazon調べ-詳細)

餌を多めに与えて水が汚れる

メダカの餌やり

よって来て餌を食べる姿がかわいいあまりに、餌を多めに与えてしまうケースがあります。

食べの残しやフンが増えて水質が悪化してしまうと、体調をくずしたり、病気になってしまうリスクが高まります。

対策

餌やりは1日2回、2~3分で食べられる量が目安です。

ただ、

  • 水温
  • 繁殖目的
  • 稚魚

などに状況やメダカの成長段階よって、餌やりの頻度や量が変わります。

詳しくはこちらをご覧ください。

たくさんのメダカを1つの飼育容器で飼う

飼育容器の大きさに見合わないたくさんの数を飼育することを「過密飼育」といいます。

過密飼育は、

  • 水が汚れやすい
  • 餌が行き渡りにくい
  • ケンカしやすい

といったトラブルにつながるので、失敗しやすいです。水換えの頻度も高くせざるを得ないので、メンテナンスの手間も増えます。

対策

先ほども少しお話ししましたが、目安は「水量1Lに対してメダカ1匹」です。

これより少ない場合は問題ありませんが、多くて問題が起きているようなら飼育容器をワンサイズ大きくする、もしくは2つに増やして飼育しましょう。

夏の高水温や冬の低水温対策をしない

メダカは高水温・低水温に強い丈夫な魚です。

夏の水温35度、冬の5度にも耐えることができます。

しかし、その状態が長期間続くと消耗して弱ってしまいます。

対策

夏の高水温対策には「すだれ」がおすすめです。

通気性を保ちつつ、日差しを遮ることができます。すだれは、雪や水面からの冷え込みを抑えることができるので、冬の低水温対策にも向いていますよ。

メダカ飼育の高水温・低水温対策にについては、こちらをご覧ください。

混泳できない魚・エビ・生き物を入れてしまう

メダカを食べてしまうとは知らず、魚やエビ、その他の生き物と混泳させてしまうことがあります。

新しい生き物を入れたばかりに、順調に育てていたメダカがほとんど食べられてしまった、なんてことも珍しくありません。

対策

この失敗に関しては、「メダカを食べてしまう生き物を知る」ことが対策になります。

次の7種は初心者の方が混泳させてしまいがちですが、メダカを食べる生き物です。

  • 金魚
  • フナ
  • コイ
  • カワムツ
  • ヨシノボリ
  • ザリガニ
  • スジエビ
  • テナガエビ
  • カメ(ミシシッピアカミミガメ、クサガメ、イシガメなど)
  • アカハライモリ

一見、魚を食べそうもない金魚やフナ、コイはなんでも食べる雑食性なので、口に入ればメダカを食べてしまいます。特に金魚は知らずに混泳させてしまいがちです。

その他の生き物は、自分で捕まえたものをメダカの飼育容器に入れてしまうケースが少なくありません。混泳させる前に、その生き物がメダカを食べてしまわないか調べるようにしましょう。

メダカと一緒に飼えない生き物・飼える生き物は、以下のの記事で詳しく解説しています。

≫メダカと一緒に飼えない・混泳できない生き物6選 | 金魚と一緒に飼えないって本当?

≫メダカと一緒に飼える魚・エビ・貝15種類!混泳しやすい生き物の特徴

天敵にメダカを食べられる

室内飼育では心配ありませんが、屋外飼育の場合は「天敵」にメダカが食べられてしまうことがあります。

敷地内であっても、

  • 昆虫類(ヤゴなど)
  • 鳥類
  • 両生類
  • 哺乳類

といった天敵は、空から陸からメダカを奪っていきます。人気のある場所でも夜間や隙を見て狙われることがあるので、意外と気が付かないことも少なくありません。

対策

どのような生き物がメダカの天敵になるのか知りましょう。

そのうえで、生き物が飼育容器に手を出さないよう対策が必要です。

簡単なのは、飼育容器の上にフタやネットをすること。シンプルですが効果は絶大ですよ。

天敵の種類やより詳しい対策はこちらでご紹介しています。

まとめ:メダカ飼育で初心者がやりがちな失敗10個と対策!水換えや餌やりも注意!

蓮の葉と白メダカ

メダカの飼育を始めたばかりの初心者の方がやってしまいがちな失敗10個と対策をご紹介しました。

失敗から学ぶことも大切ですが、初心者の方が失敗してメダカがいなくなってしまうと、難しく感じて飼育を諦めてしまうことがあります。

ただ、ご紹介したように、知っているだけでも防げることが大半ですし、対策も簡単なことばかりです。スムーズに飼育を進めるためにも、失敗しやすいポイントを把握して対策しましょう。

【関連記事】
【記事内のアイテム】

created by Rinker
ジェックス
¥344 (2021/09/21 05:26:55時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
水作
¥1,430 (2021/09/20 08:56:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ジェックス
¥322 (2021/09/20 12:33:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ジェックス
¥314 (2021/09/20 07:15:16時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう