熱帯魚・メダカ水槽に必要なバクテリアとは!硝化サイクルで水がろ過される仕組み

水槽を立ち上げたり、水換えしたりするときに、必ず話題にあがるのが『バクテリア』です。

とはいえ、いきなり言われても、

  • バクテリアってなに?勝手に増えるの?
  • どうして水がきれいになるの?
  • 水槽の立ち上げに必要なのはなぜ?

 

といった疑問を持つ人も少なくありません。

そこで、今回は熱帯魚やメダカ水槽に必要なバクテリアと、その役割である生物ろ過(硝化サイクル)についてご紹介します。

バクテリアが繁殖・定着させることができれば、魚が住みやすい水を作ることができます。

Kazuho
20年以上熱帯魚やメダカ、日本淡水魚などを飼育していますが、バクテリアの重要性は身に染みて感じています。バクテリアが水槽に与える影響を知っておくだけで、飼い始めに失敗する確率が大幅に下がりますよ。

バクテリアは水をきれいにする細菌

「そもそもバクテリアってなに?」という方に向けて、バクテリアの正体を解説します。

バクテリアは、「細菌」のことです。細菌といってもたくさん種類がいますがアクアリウムでは、水中の有害なものを無害なものに分解する細菌をバクテリアと呼びます。

魚のフンや食べ残しから発生するアンモニアは有害

メダカの餌やり

「有害なものってなんだろう」

そう思いますよね。

具体的には、魚のフンや餌の食べ残しから発生する「アンモニア」です。

アンモニアは魚を含む水中生物には猛毒で、水槽にたまるとアンモニア中毒になります。

濃度が高ければ死んでしまうことも珍しくありません。

このアンモニアを分解してくれるのがバクテリアです。種類では、「アンモニア硝化細菌」と呼ばれます。

アンモニアを分解する「アンモニア硝化細菌」

バクテリアのアンモニア硝化細菌(ニトロソモナス属)は、アンモニアを亜硝酸へ分解します

ただし、亜硝酸が無害かといわれると、そうではありません。

Kazuho
毒性は弱まっているものの、まだ毒性は強いです。

この亜硝酸をもう一段階分解して、毒性を弱めてくれるのが「亜硝酸硝化細菌」と呼ばれるバクテリアです。

亜硝酸を分解する「亜硝酸硝化細菌」

亜硝酸硝化細菌(ニトロバクター属)は、亜硝酸を分解してほぼ無害な硝酸塩へと分解してくれます

この硝酸塩は分解されないので、水換えで排出したり、植物の栄養にしたりして減らさなければなりません。ほぼ無害とはいえ、蓄積すると魚の体調不良や病気につながります。

バクテリアは「生物ろ過」に欠かせない存在

ここまでの内容をまとめます。

バクテリアの役割
  1. 魚に非常に有害なアンモニアを分解する
  2. アンモニアを有害な亜硝酸に分解する
  3. 亜硝酸をほぼ無害な硝酸塩に分解する
  4. 魚が住みやすい(きれいな)水になる

このバクテリアによる一連の分解作業を「生物ろ過」と呼びます。硝化サイクルと言われることもありますね。

立ち上げたばかりの水槽に魚を入れてはいけない理由

「立ち上げたばかりの水槽に魚を入れてはいけない」と言われます。

それは水を入れたばかりの水槽にはバクテリアがいないので、生物ろ過がうまくいかずアンモニアがたまってしまうためです。

もちろん、そんな環境に魚を入れれば死んでしまっても無理はありません。

バクテリアは勝手に増える

バクテリアは空気中にいたり、物に付着していたりするため、手を加えなくても勝手に増えます。

水槽に水をためて2~3週間もするとバクテリアが増えて魚が住める水になります。

ただ、バクテリアが増えたり、生物ろ過したりなど、活動するためには酸素が必要なので、ろ過フィルターやエアレーションが欠かせません。

バクテリアの増殖速度を加速させるパイロットフィッシュ

熱帯魚の餌やり

水槽を立ち上げてバクテリアが増えるまでの期間を短縮する方法が「パイロットフィッシュ」の導入です。

パイロットフィッシュとは、

など、水質の適応力が高い魚のことで、水槽の立ち上げ時にバクテリアを増やす目的で入れられます

パイロットフィッシュのフンや食べ残しからアンモニアが発生して、亜硝酸、硝酸塩へと分解しながらバクテリアが増えていきます。

Kazuho
バクテリアの餌になる有機物が多いので、増殖速度も速いです。

バクテリアを増やす方法

バクテリアが重要なのは水槽の立ち上げ時だけではありません。

一度増えたバクテリアも水換えや掃除で減ってしまうので、普段から増やしておくこと必要があります。

Kazuho
数が多ければ、多少減少しても水質に影響が出ることはありません。

バクテリアは次の方法で増やすことができます。

  • ろ過フィルターを設置する
  • ろ材を増やす
  • 底床を敷く
  • 流木を入れる
  • バクテリア剤を使う

難しい技術は必要ないので、魚の調子が安定しなかったり、水質が不安定だと感じたりする場合に実践してみてください。

ろ過フィルターを設置する

ろ過フィルターにはろ材で汚れやゴミを取る物理ろ過だけでなく、バクテリアによる生物ろ過の役割もあります

バクテリアは凹凸(おうとつ)のある場所を住処にして繁殖するので、ろ過フィルター内のろ材は格好の場所です。

上部フィルターや外部フィルターに使われているリング・ボール状のろ材はバクテリアの住処を増やし生物濾過の力を高める目的があります。

また、ろ過フィルターによる酸素の供給がバクテリアの繁殖に効果的です。

  • バクテリアの住処を増やす
  • バクテリアに酸素を供給して活性化させる

この2つの意味で、ろ過フィルターの設置がバクテリアを増やすことにつながります。

ろ材を増やす

上部フィルターや外部フィルターの場合は、ろ材を増やすことでバクテリアが繁殖しやすくなります。

Kazuho
スペースがあればろ材を追加するのもおすすめです。

ただし、ろ材をあまりにも詰めすぎると通水性が悪くなり、かえってろ過能力が落ちてしまうため注意点してください。

底床を敷く

底床を敷くことでバテリアを増やすことができます。

砂利・ソイルの粒やその隙間が住処になるので、ろ過フィルターの掃除でバクテリアが減少しても水質に影響が出にくいです。

注意点としては、底床を掃除する頻度が低く汚れがたまってしまうと、病原菌の温床になりかねないため、定期的なメンテナンスが必要になります。

流木を入れる

ろ過フィルターや底床ほどではありませんが、流木もバクテリアの住処になります。

底床を敷かないベアタンク水槽におすすめの方法です。

バクテリア剤を使う

created by Rinker
ジェックス
¥964 (2021/09/22 12:09:12時点 Amazon調べ-詳細)

市販されているバクテリア剤を添加する方法です。

生きていたり、休眠していたりするバクテリアを直接水槽に入れるので、水槽の立ち上げで失敗する確率が下がります。

Kazuho
とはいえ、時間さえかければバクテリアは自然に増えるため、無理に使用する必要はありません。

まとめ:熱帯魚・メダカ水槽に必要なバクテリアとは!硝化サイクルで水がろ過される仕組み

熱帯魚水槽

今回は熱帯魚やメダカ水槽に必要なバクテリアと生物ろ過(硝化サイクル)についてご紹介しました。

バクテリアは、

  1. 魚に非常に有害なアンモニアを分解する
  2. アンモニアを有害な亜硝酸に分解する
  3. 亜硝酸をほぼ無害な硝酸塩に分解する
  4. 魚が住みやすい(きれいな)水になる

といった順序で、魚に適した水質にしてくれます。

この流れを生物ろ過と呼びますが、魚全般を飼育するうえで重要なことなので、ぜひ、覚えておいてください。

【関連記事】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう