金魚が動かない10の原因!底や水面でじっとして元気がないときの対策

金魚は丈夫で、飼育のハードルが低い魚です。

お子さんが飼いたいとねだったり、金魚すくいですくったりして飼育を始める人は少なくありません。しかし、丈夫とはいえ生き物なので、

  • 底や水面でじっとしている
  • 泳ぎ方に元気がなくフラフラしている
  • 餌を食べない

など、体調をくずしてしまうことも。原因がわからないと不安なうえに、症状が悪化して死んでしまう可能性があります。

ここでは、金魚が動かない原因10個と底や水面でじっとして元気がないときの対策をご紹介します。

原因と対策がわかれば、事態が悪化して死んでしまう前に回復に向かわせることが可能です

Kazuho
魚類の環境調査を仕事にしているので、魚の行動の変化や体調不良の原因を熟知しています。さらに、金魚は長期間飼育していこともあって、実際に試して効果があった方法を解説します。

動かない金魚には必ず原因がある | 水温変化・体調不良・病気を疑おう

金魚が動かない、元気がないといっても、さまざまなケースがあります。

  • 底や水面で動かずじっとしている
  • 水面で口をパクパクしている
  • 元気がなく漂うように泳いでいる
  • ヒレが伸びていない
  • 餌を食べない

など、普段と様子が違えば金魚に異変がある可能性が高いです。

体調不良や病気はもちろん、水温の変化で起こることもあります。なかには対処しなくても問題ない場合もあるので、症状の見定めが重要です。

金魚が動かない10の原因!底や水面でじっとして元気がないときの対策

金魚が動かなかったり、元気がなかったりする原因を10個ご紹介します。

対策(対処法)も合わせて解説するので、金魚の症状と照らし合わせて可能性が高い方法を実践してみてください。

水温の低下による活動量の減少

金魚は、水温が低下すると活動量が減少して動きが鈍くなります

金魚の飼育に適した水温は15~28℃なので、15℃を下回るにつれて活動量が減り10℃に近付くと動きや餌への反応が少なくなります。

5℃前後になると冬眠に入るため、底の方でじっとして餌を食べることもありません。冬眠中は活動量が落ちるとともに消費するエネルギーも少なくなるので、餌を食べなくても春を迎えることができます。

このケースは水温の変化が激しい屋外飼育がほとんどです。とはいえ、室内飼育でも水温が15℃を下回ってきた場合は、十分あり得ます。

対策

created by Rinker
ニッソー
¥490 (2021/10/18 20:02:31時点 Amazon調べ-詳細)

前提として、水温計を設置して水温を確認するようにしましょう

水温が下がっていることがわかれば、金魚の異変を水温の低下に結びつけることができます。そのうえで、室内飼育の場合は、

  • そのまま飼育する
  • 水槽用ヒーターで加温する

この2択になります。

金魚は、熱帯魚と違って低水温に耐性があります。活動量や餌を食べる量は減りますが、そのまま飼育しても問題ありません。

ただし、室内の暖房を使っていて水温の上昇・低下が激しい場合は、水槽用ヒーターで加温する方法をおすすめします。冬でも適水温の18℃以上に調整できるので、金魚の活動量が変わることもありません。

Kazuho
季節を気にせず活発に泳ぐ金魚を観察できるのは嬉しい点です。

注意点として、水槽用ヒーターは電気代が1000/月(製品によって変わります)程度かかります。とはいえ、金魚の体調が安定しますし、低水温による消化不良を防ぐメリットもあります。

屋外飼育の場合は、次の方法でそのまま冬眠させましょう

  • 水量を多くする
  • すだれやフタをして水温の低下を抑える
  • エアレーションをしない

低水温に耐性があるといっても水が凍ってしまえば死んでしまうので、水量を多くしたうえで足し水して水位を保ちます。

Kazuho
水面が凍るだけなら、底で冬眠する金魚は問題ありません。

また、すだれやフタをして(酸欠にならないよう隙間を空けて密閉しない)水面からの冷却を抑える方法も効果的です。

冬眠に入っている金魚には、エアレーションの水流が負担になるため控えましょう。冬眠状態であれば活動量が低下して必要な酸素量も少ないので、酸欠の心配はありません。

created by Rinker
ジェックス
¥2,091 (2021/10/19 00:25:37時点 Amazon調べ-詳細)

水温の上昇による活動量の減少

金魚は、水温が上昇しても活動量が減ります

適水温の上限である28℃までなら問題ありませんが、30℃を超え35℃にもなれば水温が高すぎて金魚の動きが鈍くなります

Kazuho
35~40℃は金魚にとって生死にかかわる危険な水温です。

水温が高すぎると底でじっとすることもありますが、中層から水面近くでフラフラとした泳ぎ方になることも少なくありません。

対策

低水温と同様、水温計による水温の確認は前提として、室内飼育の場合は水槽用冷却ファンを使いましょう

製品の種類にもよりますが、3~4℃水温を下げる効果が期待できます。ファンを使うと水が蒸発しやすいため、水位が下がり過ぎないよう足し水を忘れないようにしてください。

屋外飼育なら、すだれやフタを被せて強い日差しを遮る方法が効果的です。

夏の金魚水槽の暑さ・高水温対策は、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫【夏の金魚飼育】金魚水槽の暑さ対策12選!高水温や酸欠で弱らせない方法

created by Rinker
ジェックス
¥4,390 (2021/10/18 18:41:18時点 Amazon調べ-詳細)

水が汚れて水質が悪化している

水質が悪化した環境で飼育をつづけると、金魚が体調をくずします

水が汚れている判断の目安は次のとおりです。

  • 水が濁っている
  • 水槽から嫌な臭いがする
  • 底にゴミがたまっている

これらの状況にくわえ、金魚の様子が普段と違えば水質の悪化を疑います。

対策

水換えの頻度が低いことが原因なので、定期的な水換えを徹底しましょう

2~3週間に1回、水槽全体1/3の水量が目安です。夏は水温が上昇して水が汚れやすいため、週に1~2回でも問題ありません。

水換えには、底砂も同時に掃除できるプローホースがおすすめです。水換えの手間が減り、水質改善効果も上がります。

また、餌のやり過ぎも水質悪化につながります。12回、2~3分で食べきれる量を目安にしましょう。

金魚の餌やりは、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫金魚の餌やりは1日何回がベスト?餌の頻度・量と与える時間帯について【季節で変わる】

created by Rinker
水作
¥1,430 (2021/10/18 17:17:03時点 Amazon調べ-詳細)

消化不良を起こしている

金魚の元気がなかったり、泳ぎ方が不自然だったりする場合は「消化不良」を起こしていることがあります。

餌をうまく消化できないと体内でガスが発生して浮力のバランスがくずれ、ぎこちない泳ぎ方になることも少なくありません。泳ぎ方の他にもフンにガスが含まれていたり、浮かんでいたりする場合には消化不良の可能性があります。

悪化すれば腹部を水面に向けて浮かんでしまう転覆病(転覆病)につながることもあるため要注意です。

対策

消化不良になったら、次の方法が効果的です。

  • 3~1週間の断食
  • 消化しやすい餌を与える
  • 水温を20℃以上に上げる

断食によって腸内の餌をなくすことによって、ガスが発生しなくなり消化不良が改善します

その間にくずれた消化能力も戻りやすいため、1番に試してほしい方法です。

Kazuho
「長い間餌をあげなくて大丈夫?」そう思うかもしれませんが、金魚は1~2週間ほど餌を食べなくても問題ありません。断食の期間が経過したら、消化のよい餌を与えて様子を見ましょう。

また、低水温による消化能力の低下も原因の1つなので、水槽用ヒーターを使って20℃以上、できれば25℃程度に保温する方法も効果的です。

これらの方法は消化不良になってから実践することです。

普段からできる予防法もご紹介します。

  • 古い酸化した餌をあげない、消費期限を守る
  • 水温が低い場合は餌の量を減らす

消費期限が過ぎていたり、古い酸化した餌は消化不良を起こしやすいので避けましょう。

水温が低下することで消化能力が落ちるので、春や秋など水温が下がりやすい時期は餌の量を減らします12回餌をあげている場合は、11回に変更するとよいです。目安としては、水温が15℃を下回ったら餌やりの回数を変更しましょう。

普段から水槽用ヒーターを使用することで、消化不良のリスクを減らすこともできます。

水温ごとの餌やりの回数・量については、こちらの記事で解説しています。

≫金魚の餌やりは1日何回がベスト?餌の頻度・量と与える時間帯について【季節で変わる】

断食後の餌には、消化しやすいこちらの餌がおすすめです。

created by Rinker
Hikari(ヒカリ)
¥187 (2021/10/19 00:25:39時点 Amazon調べ-詳細)

水面で口をパクパクしているなら酸欠の可能性あり

水面で口をパクパクしていたり、フラフラと力なく泳いだりしていたら酸欠を疑いましょう

金魚は水中の酸素が少なくなると、口を上げながら水面近くを泳ぐようになります。餌への反応が鈍ることも少なくありません。

Kazuho
酸欠状態が長時間続くと、死んでしまうこともあります。

1匹だけでなく、複数の金魚に同じ症状がでていたら酸欠の可能性が高いです。

対策

酸欠対策は簡単で、エアレーションで水中の酸素量を増やすことですぐに改善します。

酸欠対策のために、室内飼育の場合は電源式、屋外飼育であれば乾電池式のエアーポンプを1つ用意しておきましょう。

すぐに用意できないときは水換えをすることで一時的に回復するので、その間にエアーポンプを入手することをおすすめします。

水温が高いと水に溶け込む酸素の量が少なくなるため、夏は特に注意してください。

他の金魚に追いかけられ消耗している

つついたり、追いかけたりなど、金魚同士の「けんか」が原因の可能性があります

いじめられた金魚は、隠れるように水槽の端で動かなくなることも少なくありません。観察していれば目立つので、わかりやすい原因です。

対策

1番効果的な方法は隔離です。

いじめられている金魚を別の水槽に移すことで、攻撃対象になることはなくなります。隔離水槽の用意が難しい場合は、水槽内に隠れ家を用意しましょう。

流木や水草、石を入れることで金魚同士が視界に入る回数を減らしたり、逃げ込む場所になったりします。ただし、とがっている流木は金魚がヒレを引っかけて裂けてしまうことがあるため、形を選ぶ際には注意しましょう。

また、金魚は水草を食べるので、マツモやアナカリスのような成長速度の速い種類が向いています。もしくは、葉が硬く食べられないアヌビアスナナもよいでしょう。

Kazuho
流木に活着した水草なら、水槽に入れるだけです。

病気の初期症状

病気は症状が進むと体表に異常が現れますが、初期症状では明確に判断できないことも少なくありません

ただ、泳ぎ方がおかしかったり、あまり動かなくなったりなど、行動に異変が現れることがよくあります。

対策

元気がないと感じたら金魚の体を注意深く観察して、症状が現われていないか確認しましょう

金魚がなりやすい病気と体(体表)の異変は次のとおりです。

病名 症状 魚病薬
白点病 体やヒレに小さな白い点が現れる メチレンブルー
水カビ病 体表に綿毛のようなカビが付着 ニューグリーンF
尾ぐされ病 ヒレが白く濁る、傷付く グリーンFゴールド、エルバージュエース

すでに症状が現われている場合は、直接的な効果がある魚病薬で薬浴します

手順と濃度は魚病薬の容器や箱に記載してあります。とはいえ、初期症状のみで普段と様子が違うだけでは薬浴の判断はできません。

その場合は、金魚の回復力を高める「塩水浴」がおすすめです。

塩水浴については、後ほどご紹介します。

立ち上げたばかりの水槽に金魚を入れている

立ち上げたばかり(水を入れてすぐ)の水槽に金魚を入れると、体調をくずす可能性が高いです。

立ち上げ直後の水槽には水をきれいにするバクテリアがいないので、魚のフンや食べ残しから発生する有害なアンモニアが分解されません

そのまま蓄積すると中毒症状を起こして、泳ぎ方が普段と違ったり、底でじっと動かなくなることがあります。

Kazuho
最悪の場合、アンモニア中毒で死んでしまうことも。

対策

水槽を立ち上げたばかりで金魚の元気がない場合は、水換えして有害なアンモニアを排出しましょう

水量の目安は水槽全体の1/2程度です。すべての水を換えてしまうと、水質が急変して金魚に大きな負担をかけてしまうため控えます。

Kazuho
ただし、アンモニア中毒は死んでしまうこともある危険な症状なので、予防が最優先です。

水槽を立ち上げたら金魚を入れず、バクテリアが繁殖するまで待ちましょう。目安は最低でも1週間です。

金魚水槽の立ち上げ方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫金魚水槽の立ち上げ方と作り方 | 水槽設置から金魚を泳がせる1~12の詳しい手順

アンモニア中毒の判断が難しい場合は、試薬や試験紙を使うことでアンモニア濃度がわかります。

金魚が寝ている・休んでいる

金魚は寝たり、休んだりするときに底でじっとして動かなくなります。

体調不良と見分けが難しいかもしれませんが、睡眠時の金魚には、

  • 餌をあげたり近付いたりしたら反応する
  • 一度動き始めると泳ぎつづける(すぐに休まない)

といった特徴があります。

水槽に近付いても動かない、もしくは動いてもすぐに底でとどまってしまう場合は体調不良を疑いましょう。

金魚は昼間でも寝ることがある
昼間であっても人の動きが少なければ寝ることがあります。「昼間に動かないのはおかしい!」と判断を早まらないようにしましょう。夜間に金魚水槽をそっと観察して寝姿を覚えおく方法もおすすめです。

対策

金魚が寝ている、休んでいる場合は通常の生理現象なので対策する必要はありません。

Kazuho
ただし、体調不良であれば対処が遅れて悪化してしまう可能性があるため、判断を誤らないようにしましょう。

ご紹介した睡眠時の特徴にくわえ、体表の異常(荒れている、白い点があるなど)を確認することも重要です。

金魚の寿命が近い

寿命が近い金魚は動きが鈍ってきます。

餌への反応が少なくなり体力が落ちてしまうことも少なくありません。他にも体色にツヤがなくなったり、ヒレをたたみがちになったりなど体にも変化が現れます。

金魚の寿命
金魚の寿命は、長ければ10~15年。平均的には短くて2~3年、長ければ5年ほどです。

対策

寿命なので、対策方法はありません。

強いていえば、

  • 若い金魚との混泳を避ける
  • 水槽用ヒーターで水温を安定させる

など、落ち着いて餌を食べやすく、変化の少ない環境を作ってあげましょう。

天寿をまっとうできるよう見守ってあげてください。

金魚が動かない・元気がないときは「塩水浴」がおすすめ

金魚が動かなかったり、元気がなかったりなど、異変があるけど判断できない場合は、「塩水浴」が効果的です。

塩水浴には、金魚の回復力を高める効果があります。病気を治すものではありませんが、体調不良全般の対策になります

塩水浴の効果
飼育水よりも金魚の体の方が塩分が濃いので、そのままでは浸透圧で体に水が入ってきてしまいます。普段から金魚は水が体内に入ってこないよう調節していますが、この浸透圧の調節だけで体力を使います。飼育水に塩を入れると飼育水と体の塩分が近付くため、調節する必要がありません浸透圧調節に使っていた体力を回復に回せるので、回復力を高めることが可能です。

塩水浴の手順は次のとおりです。

塩水浴の手順
  1. 隔離用の水槽やバケツを用意
  2. 濃度0.5%(水1Lに塩5g)の塩水を隔離容器に作る
  3. 水合わせしつつ金魚を隔離容器に入れる
  4. 毎日水換え(すべての水)する
  5. 1週間を目安に塩水浴する

塩水浴中は断食して、1週間以上長引くようであれば少量の餌をあげてください。

あくまで回復力を高めるものなので、病気の特効薬ではありません。体に病気の症状が現われたら薬浴に移行します。

created by Rinker
スドー
¥1,029 (2021/10/18 18:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:金魚が動かない10の原因!底や水面でじっとして元気がないときの対策

金魚が動かない原因10個と底や水面でじっとして元気がないときの対策をご紹介しました。

  • 底や水面で動かずじっとしている
  • 水面で口をパクパクしている
  • 元気がなく漂うように泳いでいる
  • ヒレが伸びていない
  • 餌を食べない

といった金魚の異変に気付いたら、原因を特定して早めに対策しましょう。

判断ができない場合は、回復力を高める塩水浴で様子を見る方法が効果的です。病気の症状が現われているようであれば、薬浴します。

体調不良といっても、原因がわかりにくいことも少なくありません。

今回ご紹介した症状ごとの原因、そして対策をもとに金魚の飼育に役立ててみてください。早期発見・対策ができれば、それだけ改善する確率が上がります。

【関連記事】
【紹介アイテム】
created by Rinker
ニッソー
¥490 (2021/10/18 20:02:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
水作
¥1,430 (2021/10/18 17:17:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スドー
¥1,029 (2021/10/18 18:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう