メダカの水温を管理する方法とは?夏や冬の高温・低温対策も!

「メダカの飼育を始めたけれど、ちょうど良い水温がわからない!」

というお悩みはありませんか?水温の変化によって、餌を食べなくなったり、動きがにぶくなったりするので、水温管理ができるかどうかはメダカの健康具合を大きく左右します。

そこで今回は、

  • メダカに最適な水温管理ができる
  • 高水温・低水温対策ができる

この2つを目標に「メダカの水温を管理する方法」について解説します。

猛暑や寒波といった水温管理が難しい状況で、メダカを飼育してきた経験もふまえてお話しします!

メダカ飼育に最適な水温は「2528℃」

水温

メダカにとって、ちょうど良い水温は「25~28℃」です

この温度帯であれば、活発に泳ぎまわったり、よく餌を食べたりするので、メダカを健康な状態に維持しやすいです。

人間でいえば、春や秋の暖房・冷房がなくても過ごしやすい気温のイメージですね

このぐらいの温度はメダカを繁殖させる場合にも都合がよいため、飼育だけでなく繁殖に挑戦してみたい場合にもおすすめです。

ただ、メダカは水温の変化に強い魚なので、18~30℃の範囲であれば問題なく飼育できます。

メダカを繁殖・産卵させる7つの方法!水温と日照時間の調整が必須条件です

日本には四季がある!夏や冬場は温度調節が必要!

メダカの飼育に最適な水温がわかったところで次の問題が浮かんできます。

それが「温度調節」です。

日本には四季があるので、夏は30℃を超えることも珍しくはなく、冬は5℃を下回ることも。

空調や水槽用ヒーターで水温を調節できる室内飼育はまだ良いのですが、屋外飼育の場合は外気の影響を直に受けてしまうため、メダカが過ごしにくい高温・低温になることも珍しくありません。

水温計で確認して、最適な水温から大きく外れるようであれば調節してあげる必要があります。

created by Rinker
ニッソー
¥500 (2021/09/22 08:51:06時点 Amazon調べ-詳細)

夏の高水温対策

夏

メダカは日本にも生息している魚なので、夏の高水温にも順応できます。

しかし、それは自然の川や池にいるケースの話で、水量が限られた飼育容器では水温がかなり上がってしまうことも。

経験として、38℃を超えても死んでしまうことはありませんが、大きく負担がかかっている状態なので、長時間高水温が続くと弱ってしまいます。

30℃を超えてきたあたりで高水温対策をすると、最適な水温を維持することができますよ。

夏のメダカ飼育について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

メダカ飼育では夏の高水温・酸欠が危険!死なせないための対策9選

飼育容器の置き場所を日陰に移す

メダカと水草

直射日光が長時間当たっているようであれば、飼育容器の置き場所を日陰に移動させましょう。

家の軒下に置いて日差しの当たる時間が少なくなるだけでも大違いです。

ただ、日光が当たることで丈夫なメダカに育ったり、体色が鮮やかになったりするので、まったく日の光が差し込まない場所は避けましょう。日光が当たる時間は、1日に10~14時間が目安です。

すだれで日差しを防ぐ

メダカとすだれ

夏の高水温対策では、「すだれ」も効果的です。

飼育容器の上に置くだけで日差しを遮れるだけでなく通気性も保てるので、夏の温度調節で欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。

飼育容器の移動が重くて大変だったり、面倒だったりする場合にもおすすめですよ。

水草を入れる

メダカと水草

水草も高水温を防ぐ効果が期待できます。

水草のなかでも特に浮き草(水面に浮かぶ種類)は、水面を覆って日差しを和らげることが可能です。

おすすめは「ホテイアオイ(ホテイソウ)」で、大きな葉が日差しを遮ってくれますよ。

さらに、水質浄化能力も高く、きれいな水質を維持しやすいといったメリットも。安価で入手できて増えやすい点も日除けとして扱いやすい理由です。

もう少し小柄な水草がタイプなら「アマゾンフロッグビット」もおすすめ。

ただ、これらの水草はあまりに数が多く水面を覆いつくしてしまうと、メダカが泳ぐスペースがなくなったり、酸欠になりやすくなったりするため、水面の半分は空けておきましょう。

メダカにおすすめの水草は、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫【厳選】メダカ飼育におすすめの水草20選!屋外・室内の相性と植え方を解説

冬の低水温対策

冬のメダカ

メダカの飼育では冬の低水温対策が必要です。

低水温に強い魚なので、5℃を下回っても死んでしまうことはありませんが、飼育水が凍結してしまうと、さすがのメダカと言ってもひとたまりもありません。

元気な姿で春を迎えるためにも、10℃を下回ったり、寒波が来たりなどする前に、早めに対策しておきましょう。

飼育容器を発泡スチロールにする

created by Rinker
スドー
¥1,403 (2021/09/22 08:51:08時点 Amazon調べ-詳細)

メダカの飼育容器には、「発泡スチロール」でできたものがあります。

断熱効果が高く外気の影響を抑えられるので、低水温対策として効果的です。または、飼育容器を発泡スチロールで覆うことでも同じ効果が期待できます。

水量を多めにする

飼育容器の水量を多くすることで、凍結するリスクを下げることができます。

水量が多いと表面が凍ってしまったとしても、底まで凍ることはありません。

全面が凍結さえしなければ、メダカは底の方でジッとして冬眠することができます!

冬場は蒸発して減ったらを足し水して、水量を維持するようにしましょう。

すだれで外気を遮る

メダカとすだれ

夏の高温対策で登場した「すだれ」は冬にも活躍します。

飼育容器の上に置くことで、水面からの冷え込みや冷たい風を防ぐことが可能です。

また、雪が降っているときに傘の役割をするので、入って余計に冷えることがありません。1つあるとオールシーズン役に立つおすすめのアイテムです。

屋内に移動する

低水温対策の最終手段として屋内に移動することもあります。

ひどく冷え込む地域で、飼育水が凍結するリスクが高い場合は風や雪が吹き込まない屋内に移動するとより安全です。

室内まで入れなくても、冷たい風や雪を防ぐことができる通路や玄関でも十分凍結対策になります。

まとめ:メダカの水温を管理する方法とは?夏や冬の高温・低温対策も!

メダカ

メダカの水温と管理する方法についてまとめます。

メダカは水温の変化に強い魚ですが、より快適な環境にしてあげるためにも、最適な水温「2528℃」を目安に温度調節してあげましょう。

この温度帯から大きく外れる夏と冬は次の対策が必要です。

夏の高水温対策
  • 飼育容器の置き場所を日陰に移す
  • すだれで日差しを防ぐ
  • 水草を入れる
冬の低水温対策
  • 飼育容器を発泡スチロールにする
  • 水量を多めにする
  • すだれで外気を遮る
  • 屋内に移動する

水温1つで体調をくずしたり、餌を食べなかったりなどするため、「どこか調子がおかしいな」と感じた際は水温計でチェックしてみてくださいね。

【関連記事】
【記事内のアイテム】
created by Rinker
ニッソー
¥500 (2021/09/22 08:51:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スドー
¥1,403 (2021/09/22 08:51:08時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう