【厳選】メダカ水槽におすすめの照明3選!選び方と照明の必要性

メダカ水槽を始めるときに考えてしまうのが「照明」についてです。

  • 照明は必要?メリットはある?
  • 形が違うだけで同じに見えるけど選び方はある?
  • 点灯時間は何時間がいい?

など、照明が悩みの種になることも少なくありません。

メダカに合った照明は、体調が整いやすかったり、繁殖を促したりなど、飼育に役立てられるので、照明選びで失敗しないようにしたいところです。

そこで今回は、選び方と必要性をふまえて、メダカ水槽におすすめの照明3選をご紹介します

高橋
メダカや金魚、熱帯魚などを20年以上飼育していますが、室内飼育のメダカ水槽には照明を使うことがほとんどです。飼育経験と実際に使った感想をふまえて、メダカにおすすめの照明を解説するので、ご覧になってみてください。
種類ミニエコライトPOWER SLIM 450POWER SLIM 600POWER III 300POWER III 450POWER III 600
見た目


適合水槽17~40cm45cm60cm30cm45cm60cm
明るさ小型水槽対応750lm1000lm500lm750lm1000lm
光の色白単色白単色白単色赤・青・白色
調光機能あり
赤・青・白色
調光機能あり
赤・青・白色
調光機能あり
詳細Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!

メダカ水槽に照明は必要?

メダカは丈夫な魚なので部屋の照明だけで飼育できますが、水槽用照明を用意することをおすすめします

照明は水槽を明るく照らすだけでなく、多くのメリットがあるためです。

メダカ水槽に照明を使うメリットとデメリット

メダカ水槽に照明を設置するメリットは次の4つです。

  • メダカのバイオリズムが整う
  • メダカや水槽がきれいに見える
  • 水草を育成できる
  • 繁殖を促せる

部屋の照明だけでは光量が弱いうえに点灯時間が人の生活に左右されるため、点灯と消灯のリズムが不規則になりがちです。

点灯時間が安定しないと、行動したり、休んだりといったバイオリズムがくずれて、メダカの体調不良につながることがあります。

照明にはメダカの健康状態を安定させる他にも、明るく照らすことでメダカの姿や水槽内がきれいに見えたり、光量が必要な水草を育成できたりなど、メリットが少なくありません。また、光にはメダカの繁殖を促す効果もあります。

一方でデメリットは、

  • 費用がかかる
  • 点灯時間を管理できないとコケが生えやすい

この2点です。とはいえ、メダカの飼育に特別光量の強い照明は必要ないので安価で済みますし、タイマーを使用すれば点灯時間が不規則になることもありません。

デメリットよりもメリットの方が大きいので、メダカ水槽には照明をおすすめします。

室内飼育で繁殖させるなら照明が必要

ヒメダカ 交尾

メダカは、光が当たる時間が長くなると繁殖を始めます

高橋
水温も関係しますが、春~秋にかけて繁殖を始めるのは日が長くなることも1つの要因です。

室内飼育では屋外飼育のように日の光が当たらないので、繁殖させたい場合には照明が欠かせません

メダカを繁殖させる方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫メダカを繁殖・産卵させる7つの方法!水温と日照時間の調整が必須条件です

メダカ水槽の照明は8時間を目安に点灯する

メダカ水槽に照明を設置する場合は、8時間が点灯時間の目安です。

あまり長すぎるとコケが発生する原因になるので、長くとも10時間程度にしましょう。

とはいえ、仕事や外出が長引くこともあるので、点灯時間の管理が難しい場合は決まった時間に点灯・消灯してくれる「タイマー」もおすすめです。

ただ、繁殖を重視する場合は、照明時間を14時間に設定することもあります。

≫メダカ水槽に生えたコケを簡単に取る!面倒なコケが発生する原因とコケ掃除を解説

メダカ水槽に合った照明の選び方

メダカ水槽に合わせて照明を選ぶ際のポイントは次の3つです。

  • 水槽の大きさと光量
  • 照明の色や調光機能
  • 一緒に育成する水草の種類

照明選びで失敗してしまうと水槽が暗く見えたり、明かりの色がイメージと違ったりすることもあります。

ここでは、照明の選び方を具体的に解説します。

水槽の大きさに合わせて選ぶ

メダカ水槽の照明選びでは、水槽の大きさに合わせることが一番重要です。

水槽の大きさに合わせて、照明のサイズと光量が設計されているためです。

たとえば、30cm水槽用の照明を60cm水槽に設置すれば光量が足りず、水槽の細部まで照らすことができません。また、60cm水槽用の照明を30cm水槽に設置すると、水槽の横幅以上に出てしまい不格好に見えます。

照明が入っている箱や説明書に適合水槽サイズが明記されていることがほとんどなので、入手する前に確認するようにしましょう。

照明の色や調光機能で選ぶ

照明を選ぶ際に、光の色で選ぶのも1つのポイントです。

照らす光の色によって魚の体色や水槽の印象が大きく変わります

高橋
自然な色合いにしたい場合はクリアや白色にしたり、幻想的な雰囲気が良ければ青色にしたりなど、目的に応じて照明の光の色を選ぶのもおすすめです。

判断が難しい場合は、調光機能のある照明にすることで、光の色を変えられます。また、単色の照明は、自然な色合いになるよう作られているものがほとんどなので、光の色を気にしない方におすすめです。

水草も飼育したいなら光量の強い照明を選ぶ

ヒカリメダカ

メダカ水槽で水草も一緒に育成したい場合は、光量の強い照明がおすすめです。

水草の種類によっては光量がないときれいに育たないものがあるので、水草用の照明が向いています。

とはいえ、メダカ水槽によく入れられる、

  • マツモ
  • アナカリス
  • アヌビアスナナ
  • ウィローモス
  • アマゾンフロッグビット

といった水草は、光量が強くない環境でも育つ丈夫な種類なので、水草用でなくても一般的な照明で十分育成できます

メダカ水槽におすすめの水草は、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫メダカ飼育におすすめの水草20選!屋外・室内の相性と植え方を解説

【厳選】メダカ水槽におすすめの照明3選!

ここからは、メダカ水槽におすすめの照明3選をご紹介します。

メダカ水槽で使用頻度の高い30(小型)・45・60cm水槽ごとに解説するので、目的の水槽サイズに合わせて目を通してみてください。

30cm水槽用:テトラ LEDミニエコライト

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥1,429 (2022/07/02 23:29:41時点 Amazon調べ-詳細)

小型メダカ水槽によく使われる有名な照明です。

17~40cm水槽に対応しているので、小型水槽や30cm水槽であれば光量も申し分ありません。照明の光の色は、自然に見えるクリア・白系の単色です。

高橋
水槽を挟むようにして取り付けるので、好きな位置に設置することができます。省エネで価格も安価なことから、性能面・経済面どちらを取っても優秀な照明です。

一般的な水草には十分ですが、特別光量が必要な水草を育成したかったり、調光機能がほしかったりする場合は、後ほどご紹介する照明をおすすめします。

45・60cm水槽用:GEX クリアLED POWER SLIM

created by Rinker
ジェックス
¥3,010 (2022/07/02 21:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

※45cm用の詳細は、記事下部の記事内のアイテム一覧でご紹介しています

45・60cm水槽におすすめの白単色の照明です。

45cm水槽用は750lm(ルーメン)、60cm水槽用は1000lmと十分な光量があるので、一般的な照明としてはもちろん、水草の育成にもおすすめです。

メダカや水槽が自然に見える色合いですし照射角度が120度と広いので、水槽の左右・底面まで照らすことができます。とてもコンパクトで、水槽上部の圧迫感を感じさせないのも嬉しい点です。

比較的安価なことも考えると、45・60cm水槽用でコストパフォーマンスに優れる照明がほしい場合におすすめします。

30・45・60cm水槽用:GEX クリア LED POWER III

※30・45cm用の詳細は、記事下部の記事内のアイテム一覧でご紹介しています

赤・青・白色の光を個別に点灯・消灯できる調光機能があるので、水槽の印象を簡単に変えられます。

もちろん、全色を一度に点灯することもできます。

  • 30cm水槽用:500lm
  • 45cm水槽用:750lm
  • 60cm水槽用:1000lm

といったように光量も強いので、水草の育成も可能です。

ただ、少し値段が高いので高機能な照明が必要でなければ、これまでにご紹介した照明で十分です。調光機能がほしい場合におすすめします。

まとめ:【厳選】メダカ水槽におすすめの照明3選!選び方と照明の必要性

今回は選び方と必要性をふまえて、メダカ水槽におすすめの照明3選をご紹介しました。

メダカ水槽に照明は必要ではありませんが、設置することでメダカのバイオリズムを整えて健康な状態を維持しやすくなります。

他にもメダカや水槽がきれいに見えたり、繁殖を促せたりなどメリットが多いので、1つは用意しておきたい飼育機材です。

照明を選ぶ際は、水槽の大きさに合わせたうえで、

  • 水槽の印象を変えたい場合は調光機能がおすすめ
  • 特殊な水草を育成するなら光量が強いもの

といったように、目的に応じて選ぶと失敗せずに済みます。

水槽はメダカの姿を観察できることが一番のメリットなので、水槽用照明を活用してよりきれいなメダカや水槽を眺めてみてください。

種類ミニエコライトPOWER SLIM 450POWER SLIM 600POWER III 300POWER III 450POWER III 600
見た目


適合水槽17~40cm45cm60cm30cm45cm60cm
明るさ小型水槽対応750lm1000lm500lm750lm1000lm
光の色白単色白単色白単色赤・青・白色
調光機能あり
赤・青・白色
調光機能あり
赤・青・白色
調光機能あり
詳細Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
Amazon

楽天市場

Yahoo!
【関連記事】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう