魚釣りの記事を書く「釣りライター」になる方法!報酬はどのぐらい?【webライター】

釣りの記事を執筆して報酬をもらう「釣りライター」に興味を持つ人は多いです。

「好きな釣りや魚のことを書いてお金がもらえるなら言うことなし!」という意見も少なくありません。

とはいえ、いざ始めるとなると、

  • 釣りライターの仕事はどこで受注するの?
  • 経験がなくても釣りライターになれる?
  • 釣りライターの報酬は?稼げるの?

といった疑問が浮かびます。

そこで、今回は魚釣りの記事を執筆する「釣りライター」になる方法をご紹介します。

Kazuho
釣りライターとして多いときでは月20本ほど執筆しています。複数サイトを運営していて、発注者としてライターを募集することも少なくありません。報酬についても解説するので、興味のある方は参考にしてみてください。
釣りライターになって案件を受注できれば自分の力でお金を稼ぐことができます。うまくいけば副業も視野に入ります。

「釣りライター」は魚釣りの記事を書いて報酬をもらうwebライター

釣りライターを簡単にいうと、「魚釣りの記事を書いて報酬をもらうwebライター」です。

主な記事内容は次の5つです。

  • 釣り方や仕掛けの作り方の紹介
  • 釣り具のインプレ(レビュー)
  • 釣り場紹介
  • 釣行記
  • 魚の生態や特徴の紹介

釣りの経験や知識を記事にできるため、釣り人には嬉しい仕事です。パソコンとネット環境があれば、どこでもできる点も大きな強みといえます。

釣りライターに必要な経験や資格

釣りライターになるために必要な経験や資格は「釣り経験」だけです

もちろん、

  • 釣具屋の店員
  • プロスタッフ
  • 遊漁船の船長

といった経験は優遇されます。

しかし、釣りライターを始める大半の方は釣り経験のみなので心配ありません。釣り経験も10~20年が必要ということはなく、2~3年で執筆している方もたくさんいます。

Kazuho
知識や経験が足りない場合は、その釣りについて調べて完成度を高めます。

ライター経験がなくても執筆できる

釣り「ライター」だからといって、ライター経験が必要なわけではありません。

むしろ、ライター経験のある釣り人の方が珍しいです。「ライター未経験可」「初心者の方歓迎」といった案件もあります。

「それでも心配」という方は、webライティングの本を1冊読んで自信を付けてから案件に応募してみてください。

副業にすることも可能

ライター経験を積んでライティング力が上がれば、副業にすることもできます

依頼主(クライアント)にもよりますが、月ごとの執筆本数は融通が利くこと多いので、確定申告が不要な所得20万円以下に抑えることも難しくありません。

釣りライターになる方法!クラウドソーシングを活用する

ここからは釣りライターになる方法を2つご紹介します。

  • クラウドソーシングに登録して仕事を受注する
  • 釣りメディアに直接応募する

順序的にはクラウドソーシングで経験と実績を積んでから、釣りメディアに応募することがほとんどです。

クラウドソーシングに登録して仕事を受注する

釣りライターになるためには、「クラウドソーシング」に登録して仕事を受注しましょう。

クラウドソーシングは仕事を発注する側(クライアント)と受注する側を結びつけるwebサービスです。

難しく考えず、

  • ライティング
  • プログラミング
  • 動画編集

など、「たくさんの仕事が掲載されている掲示板」といった認識で問題ありません。

Kazuho
そのなかから釣りのライティング案件を探して受注していきます。

クラウドソーシングといっても種類がたくさんありますが、おすすめはクラウドワークス」と「ランサーズ」です。

クラウドワークス

クラウドワークス」は大手のクラウドソーシングサービスで、釣りのライティング案件は1番多いです。

初心者向けの案件もあります。使い方は非常にシンプル。

  1. 会員登録する
  2. 案件を探す
  3. 応募する
  4. 受注
  5. 執筆
  6. 納品
  7. 報酬獲得

無料で会員登録できるので、どんな案件があるのか確認してみてください。

クラウドワークス

ランサーズ

ランサーズ」も有名で、案件も豊富です。

ただ、釣りのライティング案件は少ないため、利用頻度は低いでしょう。

Kazuho
クラウドワークスを主体にして、案件の取りこぼしをなくすためにランサーズにも目を通しておいた方が良いです。

【ランサーズ】

釣りメディアに直接応募する方法もある

クラウドソーシングを仲介せず、直接釣りメディアに応募する方法もあります。

ただし、応募する際には次の2つが必要なことが多いです。

  • 釣りライターの経験
  • 実績(執筆記事のURLや文章ファイル)

経験や実績がないと採用されることは難しいので、クラウドワークスで実績を作ってから直接応募する方法をおすすめします。

「経験問わず」の釣りメディアもありますが、報酬が出ないことが多いです。長期的に執筆することはおすすめしませんが、実績作りにはなります。

釣りライターの報酬は文字単価0.5~1.5円ほど

最後に釣りライターの「報酬」についてご紹介します。

釣りライターの文字単価はおよそ0.5~1.5円です。

文字単価は1文字ごとの金額です。

報酬の例
  • 1記事2000文字・文字単価0.5円=1000
  • 1記事4000文字・文字単価1.0円=4000

※税抜きで計算しています

実績がないうちは文字単価0.5~1.0円の案件を受注して、少しずつステップアップしていく必要があります。

Kazuho
始めたころは0.5~1円の記事が大半でしたが、現在では2.0~5.0円の案件を受注しています。

まとめ:魚釣りの記事を書く「釣りライター」になる方法!報酬はどのぐらい?【webライター】

今回は、釣りライターになる方法をご紹介しました。

最初から完璧な記事を書ける人はいません。自分の釣り経験を記事に落とし込みながら1歩ずつ進んでみてください。

不安な方は案件に目を通すだけでも良いと思います。「これなら応募できる」というものがあれば挑戦しましょう。

釣りライターになる最初の1歩におすすめのサービス

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう