アカハタの釣り方や生態をご紹介!近年注目されるロックフィッシュです

伊豆半島をはじめ、関東地方で大人気となりつつあるロックフィッシュ”アカハタ”!

アカハタの生態や生息地を知って、この夏、狙ってみましょう!アカハタが好むポイントさえ分かれば、ルアーでもブッコミ釣りでも狙うことができますよ。

人気沸騰中のロックフィッシュ”アカハタ”について

アカハタについて

「アカハタ」はスズキ目ハタ科マハタ属に分類されるハタの仲間で、最大で35cm以上に成長します。

ハタの仲間では小型種と言えるでしょう。

その名の通り、魚体は赤く体側に5本前後の赤い帯模様が入っているのが特徴です。

産卵期は主に夏で、他のハタの仲間と同じようにメスからオスへ性転換する雌性先熟です。

アカハタの生息地

アカハタはインド・太平洋の熱帯から温帯域に広く分布し、珍しい魚ではなくごく普通に見られる魚です。

日本では、関東および富山湾以南に生息しています。

沿岸性の魚であるため、春から秋にかけて岸から狙って釣ることができます。

アカハタの大きさ

一般的に岸から釣れるアカハタの大きさは、25cm前後がアベレージサイズと言えるでしょう。

30cmを超えると重量感も出てきて、ハタらしい強い引きを楽しむことができます。

沖釣りでは40cm近い大型のアカハタも釣れてきます。

アカハタの値段

ハタの仲間で体色も綺麗なため、アカハタの市場価格はやや高めです。

25cm前後の小さめの個体でも1kgあたり2000円前後の値段が付くこともあるようです。

1kgを超すようなアカハタは3000円以上の値がつく高級魚です。

アカハタが釣れる場所やポイントは?

関東地方では伊豆半島や房総半島に生息する

近年ハタ類の生息域の北限が北上していると噂されますが、アカハタも例外ではなく、房総半島や相模湾の湾奥での釣果も珍しくなくなってきています。

関東地方においては、伊豆半島がアカハタ釣りに適したフィールドと言えます。

磯は勿論、ゴロタや堤防でもアカハタを狙うことが可能です。

伊豆諸島はめちゃ釣れるらしい

伊豆半島よりもアカハタがよく釣れるのは、伊豆大島を始めとする伊豆諸島です。

カサゴに比べると回遊性のある魚であるため、場荒れの回復は見込めるものの、やはり釣り人が少ない場所の方がサイズ数ともによく釣れる傾向にあります。

南の島ではアカハタの近縁種”アカハタモドキ”も釣れます

アカハタによく似た魚に”アカハタモドキ”という魚がいます。

アカハタモドキはアカハタに比べて、南方かつ沖合の魚で、日本では沖縄や小笠原で水揚げされます。

アカハタとアカハタモドキの見分け方は背ビレと尾ビレの先端の黒い色です。

アカハタは背ビレの前方だけが黒いのに対し、アカハタモドキは背ビレ後方から尾ビレ上部が黒くなっています。

ルアーで狙うアカハタ釣り

テキサスリグ

アカハタをルアーで狙う場合、3~4インチのワームを使ったテキサスリグが一般的です。

アカハタは基本的にフワッとしたフォールで釣る魚ですので、シンカーの重さはボトムを取れるギリギリの重さにしましょう。

伊豆半島の磯では、タングステンシンカー10~21gの使用頻度が高いです。

created by Rinker
Berkley(バークレー)
¥792 (2021/09/21 19:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

フリーリグは避けたいところ

テキサスリグよりも根掛かりのリスクが少ない“フリーリグ”でアカハタを狙う方もいらっしゃいます。

ですが、カサゴと違いアカハタはボトムを釣る魚ではありません。

テキサスリグのウェイトを頻繁に変えて、『根がからないけど、ボトムはギリ分かるぞ!』っていうシンカーで釣りをするのがアカハタをワームで釣るコツです。

ジグヘッド

ゴロタ浜など水深の浅い場所ではジグヘッドによるスイミングも効果的です。

使用するワームはリグ問わず、シャッドテールタイプがオススメです。

ホッグ系ワームでも釣れますが、テンポ良くリフト&フォールやスイミングができるタイプのワームが適しています。

何度も言いますが、アカハタはボトムでチョンチョンではなく、中層で食ってくる魚です。

メタルジグ

ワーム以外ではメタルジグでも狙うことができます。

ワームと同様にフォール中にバイトが多いです。水温が低い時期はメタルジグの出番が増えてきます。

ブッコミ釣りでアカハタを狙う場合の餌と仕掛けについて

アカハタを狙う場合の仕掛け

岩礁帯を好むアカハタを餌釣りで狙う場合は捨てオモリ仕掛けのブッコミが最適です。

針は「丸せいごの15号」前後が良いでしょう。

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥265 (2021/09/21 19:51:10時点 Amazon調べ-詳細)

アカハタが好む餌

エサ

アカハタがよく釣れる餌はサンマの切り身やイカの短冊です。

虫エサでは身餌ほど期待できませんが、ウツボが多い場所では試してみる価値もあるでしょう。

ウツボが天敵

伊豆半島でアカハタをブッコミ釣りで狙う場合、避けては通れないのは「ウツボ」の存在です。

多い日では一晩で10~20尾も掛かる時があるため、変え針と餌は多めに用意するようにしましょう。

アカハタの持ち帰り数やサイズ:明確なルールはない

ロックフィッシュによくある話しですが、アカハタも大変美味しい魚であるため、小さな個体も持ち帰る釣り人がいます。

現状では明確なルールはありませんが、何尾か釣れた場合は大きい個体だけ持ち帰り、なるべくリリースしたいものです。

アカハタ釣りでは自分なりにルールを作って自粛しよう

今後もアカハタ釣りを楽しめるように、25cmをキーパーにするとか、一日3尾までにするとか、自分の釣行頻度や釣獲頻度に合わせて、資源に影響を与えないようにルールを作って楽しみましょう。

【関連記事】
【記事内のアイテム】
created by Rinker
Berkley(バークレー)
¥792 (2021/09/21 19:51:09時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう